読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello FBI! Staff blog

FBI バイリンガルスタッフによる独自の情報発信ブログ♪

インドネシア語に触れてみよう♪

FBIの使えるインドネシア語☆

みなさんこんにちは!

FBIブログ編集部です:)

 

英語の勉強に疲れたら、

たまには別の外国語に触れてみませんか?

今回は、”日本人が習得しやすい言語”と言われる

インドネシア語 の表現を少しだけご紹介します!

f:id:fbi-staff:20161109085020j:plain

photo: https://conference.apnic.net/40


早速ですが、インドネシア語で「ありがとう」は

"Terima kasih."(トゥリマカシ)

これは耳にしたことがある方も多いのでは?

 

日本語で「ありがとうございます」というような本来の丁寧な言い方。

 

ただ現地のインドネシアの人は、日常生活でよくこう言います。

"Makasih."(マカシ)

 または

"Makasih ya!"(マカシ ヤ!)

 

インドネシア語は話し言葉になるとよく単語が省略されますが、これもそのひとつ。

そして最後に "ya" をつけることがポイントです。

親しみを込めた優しい響きになるんですね。

日本語でいうと「ありがとね~」というニュアンスです。

 

そのほかにも

"Sebentar, ya!"(スブンタル ヤ!)「ちょっと待っててね~」

"Tolong, ya!"(トロン ヤ!)「おねがいね~」

いうニュアンスで "~, ya!" と出てきます。

 

インドネシアに行くことがあったら、

マーケットでの買い物やレストランなどで、

"Makasih, ya!" と言ってみてください。

"Sama sama."(サマ サマ)「どういたしまして~」と笑顔で返してくれますよ!

 

ではまた次回!

Sampai jumpa!(サンパイ ジュンパ)