Hello FBI! Staff blog

FBI バイリンガルスタッフによる独自の情報発信ブログ♪

FBI の特徴紹介 ~ご契約 編~

こんにちは!FBI 編集部です。

福岡では桜の開花宣言があり、すっかり 春 の空気が漂っています♪

f:id:fbi-staff:20170327165724j:plain

 出典:http://nsan.livedoor.biz/archives/51932692.html

 

さて、バイリンガル IT サポート って具体的には何をしているの?

どんなサポートをしてもらえるの?とご質問頂きましたので、

本日は福岡バイリンガル IT サポート(通称 FBI) の 

特徴(ご契約編)をご紹介したいと思います!

 

一般的に翻訳会社の場合、翻訳対象になる文書、メール、マニュアルごとに

「文字数」や「ページ数」を計算してお見積し、契約することが通例です。

 

FBI ではそれ以外に、月単位 の 時間契約 が可能です。

具体的には、「月〇時間」と決めて、その時間に相当する作業を

アサイン頂き作業する、という仕組みです。

ただの社外翻訳者ではなく、あたかも社内の海外担当者のように 対応させて

頂くことがFBI のポリシーであり、お客様の利点となるところです。

 

月や年単位で定期的に翻訳やローカライズの作業があるお客様の場合、

例えば基本時間を月100時間などと決め、その時間の中で、

翻訳やそれに関連する様々な業務をご依頼頂くことが可能です。

===

 

「月単位の時間契約」は次のような場合に非常に喜ばれております♪

 

【ケース①】

海外製のソフトウェアを日本で展開しているが、バージョンの更新や

毎月のリリース、社内外翻訳者の翻訳メモリの更新・共有、

文書のロゴや写真を日本向けに差し替えたい・・・

 

⇒このような場合、個別にいくらいくらとご発注頂くのではなく、

月の契約時間の中で、翻訳、翻訳メモリの管理、用語集の管理、

画像の加工・差し替え・・・などなど、を まとめて 作業致します。

(※ご契約時に作業内容の範囲などは取り決めさせて頂いております)

 

例えば、以前ご紹介したコンカー様のケースもこちらに当てはまります:

 

【ケース②】

海外の開発元とローカライズのやり取りをしているが、社内に英語ができて

IT にも詳しい人がいない・・・標準の英語メールは問題ないけれど、

技術的 な内容になると、社内翻訳や通訳では本当に伝えたいことが伝わらない。

 

⇒このような場合、一通のメールごとに発注していたら大変ですよね。

ブラウザの翻訳機能を使って訳してみたものの、全然意味が違っていた!

ということもよく聞きます。

技術的な内容は、ただ英語ができるというだけでは正確に訳すことが難しく、

間違いや混乱のもととなるので慎重な対応が必要です。

 

FBI は、大体のやり取りの回数や時間数を決めて、その中で

メールへの応答・翻訳対応、または急な会議などの通訳対応も可能です。

===

 

お客様はメインのローカライズや海外業務により集中することができ、

自身がこれまで抱えていた大小様々なタスクなど、周辺のサポートを

FBI が行うという サポート体制 を大変ご好評いただいております。

 

 

ご興味を持って頂いた方は、是非こちらからお問い合わせください: