読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello FBI! Staff blog

FBI バイリンガルスタッフによる独自の情報発信ブログ♪

FBIの使える英語☆ ”イギリス英語とアメリカ英語の違い” 編

こんにちは!

FBIブログ編集部です。

 

本日から「FBIの使える英語☆」をスタートします!

気軽に使える表現、英語に関する豆知識などをピックアップします。

参考にしてみてくださいね♪

 

初回のトピックは

”イギリス英語とアメリカ英語の違い” に注目します。

発音の違いはもちろん、同じものでも違う名前で呼ばれていたり、

言い回しが違ったり。

f:id:fbi-staff:20161021140705p:plain

photo: http://chattyapp.hatenablog.jp/entry/2015/02/18/170000

 

早速ですが、下の会話(イギリス英語)の太字の単語、

アメリカ英語ではなんというかわかりますか?

 

母:Have you got any dirty clothes for me? I'm going to do the washing.

  (汚れた服ある?これから洗濯するけど)

息子:No, mum

  (ないよー。)

母:Oh, and when I'm done, I'm going to the chemist in the shopping center.

  Would you like some pie and chips for tea because I can get some takeaways on   the way home.

  (あ、それが済んだらショッピングセンターの薬局にいってくるね。

   晩御飯、テイクアウトのパイとポテトでいい?帰りがけにかってくるけど)

息子:Sure, why not.

  (もちろんいいよ。)

母:Right, ring me if you need anything, dear.

  (なんかいるものあったら電話してね。)

息子:Okay mum. ..

  (はいはい・・・)

 

これだけの違う表現がありました!!

 

Have you got ~? ~はありますか? Do you have ~ ?

do the washing  洗濯をする      Do the laundry

mum       お母さん       mom

chemist      薬局        pharmacy

chips       ポテト        french fries

tea        夕食 / 晩御飯     dinner

takeaway  お持ち帰り / テイクアウト  takeout

ring me      電話してね     call me

dear (親しみを込めて呼ぶときに使う呼称) baby/darling/honey

 

普段のちょっとした会話に出てくる単語でも、

こんなに呼び方がかわるんですね~。

 

旅行に行った時など、看板など気をつけて見ていると、

表現の違いに気づくかもしれません。

ではまた次回に!